生命保険にかかる税金.1

 生命保険には実は、税金がかかります。
 ここでご紹介していきましょう。
 その税金は、3種類あります。
 例を挙げる為に、ここでは夫と妻、子供がいる家庭の場合でご説明しましょう。

 

 まず1つ目は、契約者(保険料を払っている方)と被保険者が夫で、受取人が妻の場合です。
 この場合は、相続税が掛かります。
 これは、夫が残した相続財産と考えられるからです。
 500万円×法定相続人数=死亡保険金ですので、法定相続人が妻と子供2人の場合には、1500万円までは無税で死亡保険金を取れます。
 それを超える金額が、相続税対象金額となるのです。

生命保険にかかる税金.2

 2つ目は、契約者が妻で被保険者が夫、受取人が妻の場合です。
 この場合は、所得税が掛かります。
 妻が保険料の負担者で受取人でもありますので、妻に一時所得があったと考えられるのです。
 受け取った保険料から、それまでに支払った保険料の総額を差し引きます。
 そして、そこから特別控除50万円を引いた金額の1/2の金額を他の所得金額と合計し、課税する仕組みになっています。

生命保険にかかる税金.3

 3つ目は、契約者が妻で被保険者が夫、受取人が子供の場合です。
 この場合は、贈与税が掛かります。
 受け取った保険料から、基礎控除で認められている110万円を差し引いた金額が、課税対象になるのです。
 これが3種類の中で最も税率の高い、いわゆる「損する」ケースと言えるでしょう。
 ですので、贈与税の対象になる契約はできればやめましょう。
 契約者と被保険者、受取人が誰かによって、税金の金額は大きく変わってきます。
 契約時になるべく受取人にとって負担の少ない契約方法を選んでおくといいでしょう。