生命保険の種類1.死亡保険

 生命保険には、大きく分けて三つの種類があります。
 一番最初にご紹介するのが、死亡保険です。
 生命保険の種類で一番なじみ深いものだと思います。
 死亡保険の中にも、色々な種類があります。
 まず、保険期間中に被保険者が死亡した場合に、保険金を受け取ることができるのが、定期保険です。
 定期保険の特徴は、安い保険料でも保証が大きいことですね。

 

 次は終身保険です。
 終身保険は保険料を一定期間払いこむことで一生涯保証が続き、死亡時には必ず保険金が受け取れるという保険です。
 定期保険の場合は、掛け捨て型が多いのですが、終身保険ですと、払い込んだお金の一部もしくは全額戻ってきます。
 さらに、定期保険と終身保険を合わせた定期付き終身保険という保険もありますよ。

生命保険の種類2.生存保険

 死亡保険の次にご紹介するのが、生存保険です。
 これは、あまり聞きなれない保険かと思います。

 

 生存保険とは、個人年金や貯蓄目的で加入されることが多い保険です。
 個人年金保険には、終身、有期、確定の三種類があります。

生命保険の種類3.生死混合保険

 最後にご紹介するのが、生死混合保険です。
 これは、主に、養老保険や子供保険の事です。
 養老保険は、死亡時には保険金が支払われ、満期時においても生存していれば満期保険金を受け取ることができるという保険です。
 子供保険は、子供が被保険者となり、親が契約する保険です。

 

 保険金は生死だけに限らず、入学祝い金など、色々な形で支払われます。
 このように、生命保険には種類が多くあり、素人ですと、頭を整理しないとちんぷんかんぷんですね。
 それぞれの種類に特徴がありますので、それを知っておくことは、自分の保険選びに必ず役立つ事でしょう。