生命保険、入ってますか?

 皆さん生命保険って、加入していますか?
 万が一のときの為に、入っている人も多いと思いますが、生命保険となるとそうそう安価なものではありません。
ですので、生命保険を節約しようと考えると、とても難しいのです。
 「将来のもしも」に備えるものなので、下手に安くすると、何かあった時の保証が足りなくならないか?と不安になりますよね?
 貯金とは違い、みえない「何か」に投資しています。
 それゆえに、正しい答えなんてないのです。

生命保険に対する考え方を整理

 見直しを考えるなら、まずは生命保険に対する考え方を整理しましょう。
 なぜ生命保険が必要か?と聞かれたら、「何かあった時に困らないように」と答える方は多いでしょう。
 ですが、本当に生命保険がなければ、何かあった時に大変なのでしょうか。
 保険に加入する方に何かあった時に、絶対に必要な金額はいくらですか?

 

 まずは、これを整理する事が大切です。
 闇雲に、「この程度・・・」という感じで、生命保険の金額を決めるのはNGなのです。
 生命保険は、一軒家を購入するのと変わらないくらいに高額な買い物です。
 月額2万円程度でも、年間で24万円、夫婦で加入したらその倍なので、年間50万円近いですよね。
 25歳で加入して、65歳まで生きれば、その40倍の金額になります。
 最低限の保険に入り、後は貯蓄して利子を得る方が懸命なケースもあります。

 

 よくある貯蓄型やボーナスが貰えるタイプも、その分が料金に上乗せされているだけなので、お得ということではないと思います。
 生命保険に必要なのは、死亡時に必要な保証だけと決めておけば、無駄がかなり省けます。
 利益を求めるなら、別で投資でもしましょう。
 貯蓄は銀行でいくらでもできます。