掛け捨て型の保険について

 掛け捨て型の保険のメリットとデメリットstr1考えてみたいと思います。
 まずメリットついてですが、掛け捨て型の場合は長期保険などと比べると保険料が安く済むので、その点はやはり掛け捨て型のメリットと言えるでしょう。

 

 続いて挙げられるメリットは、「いつでも解約が可能」であることです。
 貯蓄性に優れた保険の場合、解約によって満期金が少なくなることがあります。
 一方で掛け捨て型の場合は、そもそも返ってくるお金がありませんから、いつでも自由に解約することができるのです。
 そしていつでも解約が可能なので、いつでも保険の見直しができます。
 解約することで損をすると考えてしまうと、なかなか思う様に保険の見直しをすることができないと思います。

 

 では続いて、掛け捨て型保険のデメリットについてご説明します。
 デメリットはずばり、満期金がないため、加入期間中に支払ってきた保険料が無意味なものとなってしまうことです。
 保険は万が一のための備えとして加入するものなので、無意味という表現は適切ではないかもしれませんが、もし毎月保険料を支払ってきたのに、それが無駄になる様なことがあれば、やっぱり損をした様な気持ちになってしまいますよね。