医療保険について

 医療保険と一口に言っても保障の内容は商品によって千差万別。
 いったいどんな保険に加入したらよいのか頭を悩ませます。
 医療保険を選ぶ前にまずは医療保険の知識を増やすことが大切です。
 保険会社ですすめてくる保険があなたにぴったりかというと決してそうではありません。
 自分にとって必要な保障を自分自身で選べるように、医療保険を選ぶポイントをご説明します。

 

 生命保険は3つの形があります。

 

1.定期保険

 保険の期間が5年・10年、60歳、65歳と予め決められている保険です。
 定期保険では、保険期間中に保険を解約すると支払った保険料が戻ってくるタイプと、解約しても保険料が戻ってこないタイプがあります。
 解約金がないタイプの方が月々の支払いが安くすみます。

 

2.終身保険

 保険の期間が一生涯続き、死亡するまで保障されます。
 一定期間で払い込みが終了する短期払いと、一生涯払い続ける終身払いがあります。

 

3.養老保険

 5年・10年、60歳、65歳などが予め決められている保険であり、なおかつ満期時に満期保険金を受け取ることができます。
 貯蓄型保険とも言われていて、満期まで生きていても亡くなっても同じ金額を受け取ることができます。

 

 これらの3タイプから自分にとって最も適切な保険を選び、万が一のために備えてください。

医療保険について|生命保険比較のつぼ!で見直し相談サービスを探す関連ページ

ガン保険
いつ自分がガンになるかなんて誰にもわかりません。ガン治療においては、最先端技術によって新しい治療法が開発されています。ですが、その治療法については健康保険が適用されない場合が多くあり、治療費の負担も大きくなってしまいます。
死亡保険
死亡保険は、いつか来るその時に備えて家族のために加入する保険でもあります。自分が死亡した後は、葬儀代など多くの費用が必要となり、家族がその費用をすべて負担するというのは大変です。死亡保険に加入して、その時の負担を少しでも軽くしましょう。